保育士さんの一日の仕事の流れ
 
保育士さんの一日の仕事の流れ 

 遊びの時間  
保育士が保育園でする仕事として、次に紹介するのは「遊び」についてです。保育園は保護施設としての役割を持っていると同時に、幼少期の子供に対しての社会性の教育というような意味を持っているものでもあります。そのため、できるだけ単独で遊ばせるのではなく、子供同士の社会性を高めることができるように留意しながら遊ばせる必要があります。1人で遊んでいる子供にはできるだけ声を掛け、他の子供と遊ぶようにすることを勧めたりするようにするのも、保育士の重要な仕事の1つということになります。

また、時には自分自身も一緒に遊ぶことになります。子供は体力こそ大人ほどではありませんが、活力は大人よりも勝っていることも少なくありません。爆発的な動きについていくことができるようにするためには、保育士にもある程度以上の体力が求められることになります。他にも、日常生活において必要となる、例えばトイレなどについても教えたり、サポートをする、というのが保育園における重要な仕事の1つとなっています。これらの遊びや日常生活における情報はしっかりと記録し、保護者に伝える事が必要となるため、気を抜いている時間がないのが保育士の仕事の特徴と言えるでしょう。
保育士への道登園への対応遊びの時間子供がいなくなってもリンク集サイトマップ
Copyrightc2017 保育士さんの一日の仕事の流れ All Rights Reserved.